医療脱毛と光脱毛の違い

ムダ毛を脱毛する

水着になったり、薄着になる季節はもちろん、旅行やデートなどでも気になるのが「ムダ毛」の存在です。

おしゃれや美容に関心の高い女性なら誰もが一度くらいはムダ毛に悩んだことがあるのではないでしょうか。

しかし、最近はエステサロンや脱毛サロン、美容クリニックなどで光脱毛やレーザー脱毛といった脱毛マシンを使い、徹底的にムダ毛を処理してしまうという人が増えています。専門の機器を使って行う脱毛施術は、エステサロンや脱毛専門の脱毛サロンといった店舗のほか、美容クリニックや美容外科、美容皮膚科、皮膚科などの医療機関でも行われています。

脱毛の施術は、光脱毛やレーザー脱毛といった、ムダ毛のメラニン色素に反応する光を利用して行うやり方が一般的で、ワキや足などのパーツを選んで行う部分脱毛はもちろん、全身のあらゆる部位のムダ毛を処理する全身脱毛も行うことができます。

 

出力の違い

光脱毛とレーザー脱毛はムダ毛を処理する箇所に光線をあてて施術をするという見た目は非常に似ているのですが、出力に違いがあります。光脱毛はエステサロンや脱毛サロンで使われることが多いのですが、こちらは出力が弱く、脱毛効果のでかたもゆるやかです。

そのかわり、肌への負担が少なく、痛みなども感じにくいといわれています。一方、レーザー脱毛は、医療脱毛などとも呼ばれ、高出力のマシンを使用します。

レーザー脱毛器を使用するのは医師に限られてしまうので、医師のいないサロンでは施術することができず、クリニックでのみ使用することができます。

光脱毛に比べるとレーザー脱毛は出力が高く、脱毛効果も高いのが特徴ですが、その分肌への刺激が強く、施術時に痛みを感じる人もいます。

ただし、光脱毛では一度処理が完了したムダ毛も、またしばらくすると生えてきてしまうことが多いのに対し、医療脱毛ではムダ毛を作り出す細胞そのものにしっかりとダメージを加えていきますから、一度処理が完了したムダ毛はもう二度と生えてくることはないといわれています。