全身脱毛後のアフターケア

アフターケアの重要性

光脱毛やレーザー脱毛で、気になるムダ毛を全身脱毛する人が増えています。

光脱毛やレーザー脱毛の施術は、エステサロンや脱毛サロンと、美容クリニックや皮膚科などで受けることができますが、利用の仕方は簡単で、希望するサロンやクリニックに希望する脱毛コースを契約し、都合の良い日時に来店・来院すればOKです。

施術のスケジュールは、はじめはカウンセリングで相談しながら決めることが多いですが、初回以降は窓口で口頭受付をしたり、電話やインターネット、スマートフォンアプリなどを使って予約をしていくところが増えています。

ところで、サロンやクリニックで脱毛の施術を受ける場合には、施術前後のお肌のケアは非常に重要なポイントとなってきます。

なぜならば、施術前にお肌が乾燥していたり荒れていたりすると、光を照射したあとで肌に大きなダメージを与えてしまうことがあるからです。

また、無事に施術が完了しても、脱毛後のお肌は普段よりも敏感になっていますから、念入りなアフターケアが重要なのです。

 

アフターケアの充実

基本的に、エステサロンや脱毛サロンで行われる美容脱毛は、クリニックで行われる医療脱毛よりもアフターケアが充実していることが多いようです。

たとえば、顧客満足度が高いことで知られる脱毛サロン「銀座カラー」では、脱毛前にオリジナルローションを塗布し、脱毛後は専用の保湿マシンを使って美容液を高圧噴射するなどして、肌のうるおいを高めてくれますし、脱毛サロン大手として知られる「ミュゼプラチナム」では、脱毛前に美肌効果のあるジェルを塗布し、脱毛後には冷却パッドを使ったクールダウンや、プラセンタ配合のミルクローションを使用して肌をケアしてくれます。

ただし、施術後にお肌にトラブルが発生した場合の対応は、医師が施術にあたってくれるクリニックのほうが確実です。

エステサロンや脱毛サロンでも、トラブルに対応するドクターサポート制度があるところも多いですが、クリニックであればすぐに処置をしたり、薬を処方したりすることができます。