全身脱毛の痛み

脱毛の痛みの心配

エステサロンや美容クリニックなどで受けることができる脱毛の施術。
仕上がりがキレイで、まるでそこにムダ毛なんてなかったかのようなツルツル素肌になれるのが魅力です。

しかし、脱毛に興味・関心を持っていても、素肌にレーザー光線のようなものを当てる脱毛は、なんだかちょっと痛そう…と、脱毛の施術をためらっている人も多いのではないでしょうか。

確かに、光脱毛やレーザー脱毛といった脱毛方法は、メラニン色素に反応する特殊な光線を使用して、ムダ毛の根元にダメージを与えていくという施術方法ですから、まったく無感覚、というわけにはいきません。人によって痛みの感じ方はさまざまですが、輪ゴムでパチンとはじかれたような痛みを感じるという人もいれば、痛いというよりも肌がほんのり温かくなる感じがするという人もいます。

全身脱毛と痛みの強さ

脱毛の施術方法には、エステサロンや脱毛専門のサロンで行われる光脱毛と呼ばれるものと、美容クリニックなどの医療機関で行われる医療用レーザー脱毛があります。

基本的に、サロンの光脱毛は出力が弱いので、肌への刺激は少なく、痛みもほとんどない場合が多いようですが、クリニックのレーザー脱毛は医師でないと扱えない出力の高いマシンを使用するので、やや痛みを感じやすいといわれています。

また、脱毛施術で最近主流となっているのは、全身のあらゆるムダ毛をまとめて処理する全身脱毛です。cf97df2d1189268261274748791fe0f9_s

全身脱毛では、腕や脚といった一般的なパーツから、顔や背中、デリケートゾーンなど、さまざまな部位に施術を行っていくのですが、同じ施術でも部位によって痛みの強さは異なるようです。

たとえば、脂肪の厚いふくらはぎや太ももなどは、施術中もほとんど痛みを感じないのに、皮膚が薄いワキの下や顔、デリケートゾーンなどの施術はチクっとする痛みがあるという人もいます。

また、痛みが少ないひざ下の施術でも、骨に近い足首付近は痛みを感じやすいといわれています。

もっとも、こうしたサロン脱毛やクリニック脱毛の痛みは、ほとんどの場合「耐えきれないほどの痛み」ではありません。

特に最近の脱毛施術はかなり進歩していて、極力痛みを感じないような施術となっているからです。