全身脱毛のクーリングオフ

脱毛の契約申し込み

エステサロンや脱毛専門サロン、美容クリニックなどで脱毛を始める場合、まずは希望する脱毛コースを決めて、契約を交わします。

ほとんどのサロンやクリニックは、契約前にカウンセリングや診察を行い、どのような脱毛をすればよいのかをアドバイスしてくれますし、施術に関する具体的な内容や注意事項など、あらゆる説明を行ってくれるはずです。

エステサロンなどでは、昔はこのようなカウンセリング時に強引な勧誘が行われることもあったようですが、最近はそういったトラブルはほとんど見受けられません。

ただし、実際にサロンやクリニックに行っていろいろな説明を聞いていると、ついつい勧められるままに不必要なプランまで契約してしまうこともあるようです。

特に脱毛では、全身脱毛のメニューなどは金額が大きいですから、後悔のないようにしたいものです。

 

クーリングオフの利用

もしも、勢いで不必要な契約をしてしまった場合はどうするか?答えは簡単。

すぐに契約を取り消してしまえばよいのです。

本来は、一度契約したものは守るべきですが、エステサロンや脱毛専門サロンの脱毛コースは、一定期間内であれば無条件で契約を解除することができるクーリングオフ制度を利用することができます。

クーリングオフのやり方は簡単で、契約相手となるサロンに契約を解除する旨を紙に書き、契約した日から8日以内に送ればOKです。

ただし、ただ手紙やハガキのような形で届いていないなどのトラブルに発展することも考えられるので、簡易書留で送るのが良いでしょう。

また、大規模なサロンなどでは顧客相談の窓口がある場合もあります。

電話や店頭に出向いて直接解約を申し出るというやり方もありますが、解約理由をきかれたり、考えを改めるように説得されたりする可能性もあるかもしれません。

ちなみに、クーリングオフの制度が利用できるのは特定商取引法の対象内となるエステサロンや脱毛サロンのみとなります。

医療施設であるクリニックで行う医療脱毛は、施術が医療行為にあたってしまうため、特定商取引法の適用外となり、クーリングオフはできないので注意しましょう。